1. ソーシャルメディアにおける情報発信や対応についての自覚と責任
    • あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、ならびにいったん発信された情報は完全に削除できないことを意識したうえで、ソーシャルメディアへ情報発信を行います。
    • 社員一人ひとりの行う情報発信や対応が、世の中に少なからず影響を与えることを意識し、誤解を与えないように注意します。
  2. 適切な情報共有によるコミュニケーションの促進
    • 傾聴の姿勢を忘れず、ステークホルダーの声に耳を傾けます。
    • ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて絆を強くすることは、ステークホルダーの問題解決に役立つとともに、NECブランドの向上に多大な貢献をもたらすことを意識します。
    • 経験を通じ、社員個人の価値を高めるとともに、学んだことを広く社内外に共有し、多くの個人やコミュニティの成長に貢献するよう努めます。
  3. 社内外の法規・ルールの遵守

    法令や「NECグループ行動規範」ならびにNECグループ各社が定めた規程を遵守するとともに、良識をもった社会人として、自己の行動に責任を持って、ソーシャルメディアを利用します。